いつの時代も求められている看護師の給料について

看護師の給料は他の業種よりもいい方です

看護師は国家資格であり、資格を所有していないと就業することが不可能です。看護師はいつの時代においても慢性的に人員不足であり、どの医療機関や福祉法人などにおいても常に求人が出ている状態です。そのようなことから、看護師は他の業種と比較して給料はかなりいい方とされています。例えば老人ホームにおいては、介護職員や事務員よりもはるかに給料はいいものとなってます。看護師については医療機関では一定のスタッフの数がいないといけないという決まりがあり、採用する側もできる限り多くの看護師を集めたいことから給料を高めに設定しているところが多いのです。
さらに、看護師で夜勤業務に就く場合は夜勤手当も他の業種よりもいいものとなっており、看護師として就業したいという人の中には基本給や夜勤手当のよりいいところを求めて勤務先を探すという人もいます。女性はどの業種に就いた場合でも、男性より給料が少ないという傾向にあり、特にシングルマザーなど自分の収入だけで生活をしていかなければならないという時には看護師は最適の仕事となります。そのため看護師となって高い給料を得るために、社会人を経験してから看護学校に入学して資格を取得するという人もいるくらいなのです。

看護師は病院によって給料が大きくかわる

看護師と言えば、親が子供に就かせたい職業で第1位にあがる職業です。看護師の資格をもっていると職に困ることなく、将来安定した生活を送ることができ人気を集めている職業になります。看護師にも種類があり、看護師と准看護師でも違い、給料も専門学校や大学卒の違いで給料も違ってきます。同じ看護師の資格をもって就職をした場合、大卒と専門卒では、給料が月収で1万から2万円程度差がでてきます。
大学に通う看護学生は、付属の大学病院で実習をする事が多く、付属の大学病院で就職をしている人が多くます。看護師の初任給の平均の相場は、高卒の三年過程卒が平均197、689円で、大卒が204、683円になります。看護師でも病院によって給料も違い、一番初任給で給料が高いのは、大学病院や社会保険関係の団体の病院、次に公益法人、国の病院、公的医療機関が一番低い給料になります。
看護師の給料は、夜間手当や超過勤務手当、住宅手当などの支給があり基本の給料にあわせて2万円から3万円ほど多くなります。病院によっても初任給が大きく変わり、病院によっては5万~7万円程度差があったりします。就職をする際には、各種手当や初任給の給料などしっかり調べてからの就職をおすすめします。

おすすめ情報

カテゴリ:給料

働き方で変化する看護師の給料

看護師の給料が割に合っていない!そんな時は? 「看護師」と聞くと、給料が良いイメージがありますよね。実は…その通りです。入社1年目でも年収は340万ほどでしょう。さらに嬉しいボーナスも30万…

詳細はコチラ

カテゴリ:給料

看護師の給料はどのようなものか

本当に看護師の給料は高いのか? 一般的に看護師の給料は高いと言われることが多いと思います。果たして、本当にそうなのでしょうか? 看護師の仕事というのは「診療上の補助」「療養上の世話」が中心…

詳細はコチラ

カテゴリ:勤務

勤務地によって異なる看護師の給料体制

看護師のお給料は高収入 看護師の仕事は女性に人気があります。まさに看護師の仕事は手に職を持っているという仕事です。都会でも、田舎でも、どのような場所に行っても求人はあります。そしてブランクが…

詳細はコチラ

カテゴリ:期待

高い給料が期待出来る看護師

看護師の給料が高い職場の探し方 まず周辺の地域内で、救急車の搬送先となっている病院を探しましょう。脳に強みを持つ脳神経外科系の病院、外科や内科に特化した大きな病院などが救急車の搬送先です。地…

詳細はコチラ