働き方で変化する看護師の給料

看護師の給料が割に合っていない!そんな時は?

「看護師」と聞くと、給料が良いイメージがありますよね。実は…その通りです。入社1年目でも年収は340万ほどでしょう。さらに嬉しいボーナスも30万~40万はありますので、社会人になりたてのお給料としては微笑んでしまう額になるでしょう。しかし、看護師のお仕事はただ患者さんのごはんや状態を見るだけではありませんよ。緊急手術が入ったなら、すぐに出勤しなければなりません。さらに、看護師は夜勤などがあるので、勤務形態も不規則なものになります。
遅番や早番といったり、日勤や準夜勤、さらに深夜勤など…病院によってもその良い方はさまざまですが、お給料の額がやはり良い分、過酷な労働環境になってしまいます。中には、「お給料が割に合っていない!」と文句を言いたくなる看護師の方もいるのではないでしょうか。
そんな方は、看護師専門の転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか?看護師としてしっかり働けるお給料がもらえるお仕事が見つかるはずです。「基本手当」などといったものがあれば安心と言えるでしょう。大手の病院だからお給料がたくさんもらえるという訳ではありません。地域密着型の病院であっても、5万円前後高かったりするのです。気になる方は一度、看護師の転職サイトを調べてみてはいかがでしょうか。

看護師の給料は本当に低い?

看護師の給料は低いかもしれない。そういった認識が少なからずあるように感じられます。医者というと高給取りという印象があるに対して看護師はこのような印象です。本当にそうなのでしょうか。
看護師の給料というものは地域による影響、経験年数や施設において変化が見られます。地域、これは都会と地方による違いといえばわかりやすいかもしれません。そして施設ですがこれは病院とクリニック、あるいは老人ホームなどの施設による違いですね。看護師とひと口にいっても、働いている場所によってその給料に違いが出てきます。月収で見るとちょっとの違いでも、それが年収となると意外と大きな差になってしまっているということもありえます。
具体的な数字として見ると、男女の看護師における平均年収は480万円となっています。准看護師となると400万円といったものです。准看護師といえども400万円前後の年収が期待できるとなると、意外と給料としては悪くないのかもしれないと思えてきます。
ただし給料だけを見ると悪くないかもしれませんが、医療の現場で見ると良いとはいえません。実際に看護師の声を見てみると、とても大変な職場だという声が非常に多いです。夜勤も当たり前のような職場ですので、実際に看護師として働くならばその中で続けていけるかどうかを自分で判断しましょう。