看護師の給料はどのようなものか

本当に看護師の給料は高いのか?

一般的に看護師の給料は高いと言われることが多いと思います。果たして、本当にそうなのでしょうか?
看護師の仕事というのは「診療上の補助」「療養上の世話」が中心になります。医師のお手伝いと考えている人もいるかもしれませんが、疾患や治療に関しても知識がないとできない仕事なのです。排泄後の後片付け、おむつ交換など普通はしたくない仕事も行い、自分よりも体格のいい患者の移乗介助を行うことがあります。せん妄を起こしている患者に叩かれたり、罵られることもしばしばあります。そうした仕事を行っている以上はある程度、給料は高く貰えることは当然だと考えます。
本当に看護師の給料は高いのでしょうか?新人で看護師として勤務する時の給料は、間違いなく周りに比べると高額になると思います。しかし、看護師の給料の特徴として「昇給がしにくい」というものがあります。勤務先でも異なりますが、「昇給がなかった」「500円しか給料が上がらなかった」という話はよく耳にします。このようにはじめのうちは給料は高いのですが、年数が経つごとに周囲と比べて給料の差はなくなり、最終的には周囲の方が給料が高いということもあるでしょう。
また、夜勤手当で給料が高くなっているという現状がありますので、夜勤をしない看護師は周囲よりも給料は低いです。こうしてみると、看護師の給料は高いとは決して言えないのがお分かりでしょう。

看護師の給料比較

看護師は患者さんの命に関わる重要な仕事をしています。仕事内容は多岐に渡り、体力勝負といっても過言ではありません。そんなこともあり、看護師の給料が一般的な平均値よりも高いことはよく知られています。ですがそんな看護師の中でも働き方次第で給料に違いがあることはご存知でしたか?
例えば一般的な病院と比べると国立病院や公立病院で働く方が給料は高い傾向にあります。また女性と男性とでは女性の方が給料が高いです。一般的な企業ですと男性の方が給料が高いことが多いので意外ですよね。
他にも大学を卒業したからといって給料が高いわけではなく、能力や経験によって判断されることが多いのも看護師ならではないでしょうか。都道府県によっても違いがあり、その中でも都市部は特に給料が高いです。当然のことながら正看護師と准看護師とでは給料に大きな差が出ます。また助産師やデイサービスなどの訪問看護は比較的給料が高い傾向にあるので、看護師からキャリアアップをする方が多いようです。
他の企業と比べて給料が高いとは言え、看護師は大変な仕事が多いですから自分が貰っている給料が本当に適正な価格なのか、無料で調べられるものも登場しています。看護師として働くからには給料も大事なポイントとなっています。