勤務地によって異なる看護師の給料体制

看護師のお給料は高収入

看護師の仕事は女性に人気があります。まさに看護師の仕事は手に職を持っているという仕事です。都会でも、田舎でも、どのような場所に行っても求人はあります。そしてブランクがあいても看護師の資格があれば働くことができるので、安定しています。
そして一番の良いところが、看護師の仕事はお給料が非常に良いのです。一般企業で新卒の新入社員の女性が働くと、だいたい年収は300万円程と言われています。しかし、看護師の場合だと400万円程もらえるのです。新卒で400万円は高いのです。しかも、たいていの看護師は短大卒です。その為、新卒となれば20歳です。そんな若い時に既に年収400万程を稼ぐのです。
看護師の仕事は泊まり込みや夜勤があり大変です。病院の仕事は24時間365日休むことがありません。その為、週末のお休みや、オフィスワークをしている人のように、アフターファイブといったものがありません。それでも、夜勤をすることにより、夜勤手当がつきます。夜勤手当は毎月のお給料に上乗せされると年収にすれば良くなるのです。
看護師の仕事は忙しくて大変ですが、お給料はどこの地域の病院に行っても安定していて、比較的他の仕事に比べて高給になるので将来の面でも安定します。

看護師の給料は働く場所によって違いがある

地域の診療所かクリニックに看護師として勤め始めたとします。それなりにお客がいると想定できますが、夜勤がないので大きな病院で働くよりも給料はやや下がります。それでも月に20万から25万はもらえるので、正統な対価を頂けていると感じながら働けるはずです。あと、ボーナスについては40万前後付近です。
大きな病院で働いている看護師は、救急車の出入りもあると思われるので、夜勤もこなさないといけません。夜勤手当を念頭に入れると、毎月23万から27万はもらえると考えられるので、夜勤をするだけの価値は十分にあります。ボーナスの方は45万から52万ほど頂けるので、適正価格だと思うことでしょう。
整骨院や接骨院で働いている時は、医院が繁盛しているかどうかにより得られる給料に違いが出ます。立地条件が良くお客が豊富な状態なら月に23万はいきますが、逆に閑古鳥が鳴いている状態の際は20万前後と予想できます。仕事の量により給料に違いが出るため、この辺の事情は仕方がないことです。
例外的な話ですが、採用1年目の場合は新人扱いされるので、どこに勤めていたとしても給料は最も低くなるのが一般的です。ただ、2年目以降から徐々に昇給していくので大丈夫です。